女神は木もれ陽の中で

ライムブックス

エリザベス・ホイト / 川村ともみ

2015年4月10日

原書房

1,012円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

アーティミスは貴族の娘でありながら両親も財産もなくし、親戚で大富豪の伯爵のもとに身を寄せて、従妹のコンパニオンを務めている。ある日、従妹とアーティミスは、ロンドンの貧民街セントジャイルズでならず者に襲われそうになったところを、“セントジャイルズの亡霊”と呼ばれる謎の男に助けられた。去り際に彼が落としていった印賞付きの指輪を、アーティミスはひそかに保管する。男の正体は、ウェークフィールド公爵マキシマス。彼は爵位を守るために、伯爵令嬢との結婚を考えていたが、自分が落とした指輪を令嬢のコンパニオンであるアーティミスが持っていることを知る。そして、アーティミスと言葉を交わすうちに、マキシマスは聡明で凛とした彼女に心惹かれていく。その後、マキシマスが私邸で開いたパーティーで、二人の関係は急接近し…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください