山中鹿之介

毛利に挑んだ不屈の武将

PHP文庫

星亮一

1997年1月31日

PHP研究所

785円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「この出雲の大地は、洋々とした大海に包まれた古からの神の国。毛利に奪われてなるものか!」。鹿之介は聖なる大地に手を合わせた。雲間に閃光が疾り、飛ぶように雲が流れる。「毛利めっ」。鹿之介は拳を突き出して吠えた。-山陰の大名・尼子氏に仕え、毛利に降った後も主家再興を期して不屈の闘志で戦い続けた山中鹿之介。30余年のその清々しき生涯を描く長編歴史小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください