モーツァルトの妻

PHP文庫

加藤宗哉

1998年9月30日

PHP研究所

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「ぼくが君を愛する半分だけでも、ぼくを愛してほしい」そんなモーツァルトの言葉にコンスタンツェは心が弾まなかった。彼女は確かに夫を尊敬していた。ただ、それは愛とはちがったものなのだ。-悪妻と名高き女、コンスタンツェ。モーツァルトはなぜ彼女を愛したのか。奔放であるがゆえに誤解を受け続けた彼女の知られざる魅力を、美しき近代ヨーロッパの情景の中に描き出す異色小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください