織田信忠

「本能寺の変」に散った信長の嫡男

PHP文庫

近衛竜春

2004年2月29日

PHP研究所

1,047円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

歴史が大きく変わった本能寺の変。その事件において、父・信長とともに26歳の若さで命を落としたのが嫡男・信忠である。武田攻め、雑賀討伐、松永久秀攻略で戦功を重ね、ようやく後継者としての力量と判断を認められ始めた矢先の出来事であった。本書は、勇ましく誠実な信忠が、天才的で独裁的な父との葛藤に悩みながら、たくましく成長していく過程を描いた長編歴史小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください