栗林忠道

硫黄島の死闘を指揮した名将

PHP文庫

柘植久慶

2006年12月31日

PHP研究所

691円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

太平洋戦争屈指の激戦だった硫黄島をめぐる戦いー。米軍の進撃を阻止し、少しでも本土決戦を遅らせるため死力を尽くして戦った日本側の指揮官、それが栗林忠道中将である。兵力・物量ともに圧倒的有利な米軍に対して彼は“徹底的な持久戦”を挑み、最期の最期まで大打撃を与え続けた。今なお日米双方から“最も優秀な指揮官”として高く評価される名将の戦いを克明に描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.8

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

結果は誹謗中傷を凌駕する

starstarstar
star
3.8 2021年03月10日

柘植氏の作品、戦争を経験しているだけに説得力が違いました。現場で実情を把握して、現実に沿った立案すること、できることの大切さを得々と述べています。旧日本軍はいつから頭でっかちの無能集団となったのでしょうか?また、現在もその愚を犯していないでしょうかと危惧します。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください