10代の子どもの心のコーチング

思春期の子をもつ親がすべきこと

PHP文庫

菅原 裕子

2010年10月5日

PHP研究所

748円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

親のサポートを必要としながらそれを拒否する思春期。親が10代の子どものコーチとして「生きる力」を引き出すためには、ほどほどの距離感と子どもに対する敬意が不可欠です。自立の基となる「愛すること」「責任」「人の役に立つ喜び」を教えるのに、遅すぎるということはありません。ベストセラー『子どもの心のコーチング』の思春期版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.17

読みたい

2

未読

0

読書中

2

既読

20

未指定

41

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

こうゆう

子供へのサポートの仕方がわかる本(flier)

starstarstar
star
3.5 2023年05月12日

親自身のことを話す。姿勢を見せる。 子供に意志決定させる。    できないをしないという選択肢に変えると、するという選択肢ができる。 子どもたちを客観的な目で見て、自分の一部ではなく別の存在として敬意を払うとき、はじめて子どもの可能性を引き出せるのである。 朝起こさない、はやってみる価値あり。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください