即身仏の殺人

PHP文芸文庫

高橋克彦

2011年3月15日

PHP研究所

796円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

出羽三山の一つ、湯殿山麓の映画ロケ現場から素性の知れないミイラが発見された。その所有権を巡り、山の持ち主と村民との争いが生じる中、肝心のミイラが忽然と消失。さらに、事件は連続殺人へと発展する。日本有数の即身仏信仰の聖地で起きた惨劇はミイラの祟りなのかー。ロケ地入りしていた女優・月宮蛍の依頼を受け、推理作家の長山と編集者の亜里沙、そして塔馬双太郎が錯綜する怪事件に挑む。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください