自由をいかに守るか

ハイエクを読み直す

PHP新書

渡部昇一

2007年11月29日

PHP研究所

880円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

ハイエクの謦咳に接した著者が、その主著『隷従への道』全一五章を丹念に読み解く。一九四四年発刊のこの書物は、すでにベルリンの壁崩壊という歴史的大転換の要石となる思想を提供していた。だが日本ではその意義がまだ十分に理解されずにいる。いまこそハイエクを読み直すべきである。「自由主義こそが経済繁栄を生む」「自由は民主を凌駕する」「統制と保護は発展を阻害する」「権力者は未来を見通せない」「福祉国家という罠」-経済が統制されることは、自由そのものが奪われることに等しかった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

1

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください