「生きづらさ」を超える哲学

PHP新書

岡田尊司

2008年12月31日

PHP研究所

814円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

親との折り合いが悪い人、いわれのない不安に悩む人、心に空虚感を抱えている人、自分が何者かわからない人、生きる意味が見つからない人…。「生きづらさ」を抱える人が増えている。死を意識してしまうほどの過酷な危機に直面したとき、人はいかに生きることができるのか?「生きづらさ」を超える叡智とは何か?ショーペンハウアー、ヘッセ、モーム、ウィトゲンシュタインらの生き方を例に、学問としての哲学ではなく、現実の苦難を生き抜くための哲学を、著者自身の豊富な臨床経験を通して描きだす。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください