「幕末維新」の不都合な真実

PHP文庫

安藤優一郎

2016年4月3日

PHP研究所

814円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

幕末維新のターニングポイントとなった「江戸城無血開城」。江戸を壊滅から救い、日本の内乱を最小限に抑えた大英断は、今も“美談”として高く評価されるが、本当だろうか?-本書は、この交渉の立役者である西郷隆盛と勝海舟に注目し、江戸をめぐる攻防戦に秘められた数々の“不都合な真実”を描き出す。徳川家の猛烈な巻き返し。本当に追い詰められたのは新政府だった!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

5

読書中

0

既読

0

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください