超訳マキャヴェリの言葉

逆境の時代を生き抜く

PHP新書

本郷陽二

2011年6月30日

PHP研究所

792円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

十六世紀、フィレンツェ共和国の書記官マキャヴェリが著した『君主論』。人間と組織の本質を冷徹に分析した政治哲学は、当時“悪徳の書”と呼ばれ排撃されるも、その後、四百年以上にわたり“帝王学のバイブル”として読み継がれている。本書は、そのエッセンスを「リーダーにとって、力は約束より大切」「信頼する部下よりも、かつてのライバルを起用せよ」など、現代に合わせた大胆な“超訳”で解説。リーダー・組織のあるべき戦略から個人の強い生き方まで、混迷と停滞を続ける日本人が今こそ学ぶべきマキャヴェリの知恵。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください