からくり卍ばーすと(上)

ひとしずくP

2015年11月24日

PHP研究所

1,320円(税込)

小説・エッセイ

蓮は、要塞国家トーキョーの中でも最強といわれる特殊警察部隊白狼・第十三番隊副隊長として、治安を守るために反政府過激テロ集団「紅椿」や「黒龍」と日夜戦っていた。そんなある日、紅椿の手によって襲撃された現場に駆けつけると、紅椿の主戦力である破壊兵器“からくり”と、“ヒト型からくり”が暴れていた。蓮は、ヒト型からくりの“椿”と対峙するが、戦闘中、それが幼き日に失った大切な少女・凛にそっくりであることに気づいてー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

10

未読

1

読書中

1

既読

0

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください