犯罪小説家

雫井脩介

2008年10月31日

双葉社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

新進作家、待居涼司の出世作『凍て鶴』に映画化の話が持ち上がった。監督に抜擢された人気脚本家の小野川充は『凍て鶴』に並々ならぬ興味を示し、この作品のヒロインには、かつて伝説的な自殺系サイト〔落花の会〕を運営していた木ノ瀬蓮美の影響が見られると、奇抜な持論を展開する。待居の戸惑いをよそに、さらに彼は、そのサイトに残された謎の解明が映画化のために必要だと言い、待居を自分のペースに引き込もうとしていく。そんな小野川に、待居は不気味さを感じ始めー。全篇に充ちた不穏な空気。好奇心と恐怖が交錯する傑作心理サスペンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.52

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

57

未指定

44

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstar
3.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください