峠しぐれ

葉室麟

2014年12月16日

双葉社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

岡野藩領内で隣国との境にある峠の茶店。小柄で寡黙な半平という亭主と、「峠の弁天様」と旅人に親しまれる志乃という女房が十年ほど前から老夫婦より引き継ぎ、慎ましく暮らしていた。ところが、ある年の夏、半平と志乃を討つために隣国の結城藩から屈強な七人組の侍が訪ねてきた。ふたりの過去に何があったのか。なぜ斬られなければならないのか。話は十五年前の夏に遡るー。『蜩ノ記』『川あかり』の著者による傑作時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.73

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

29

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください