十三の墓標

双葉文庫

内田康夫

1989年6月30日

双葉社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

たった5歳の女の子が〈桜田門〉を尋ね、「パパもママも帰って来ないの」と警視庁捜査一課の叔父・坂口正二に訴えた。不幸にも福島県石川町で死体が発見され、また数日前には佐賀県有明町で歩いている姿も目撃された。妙なことにどちらの町にも和泉式部の墓が…。余部鉄教、天橋立股のぞき、猫啼温泉、母畑と山陰の旅情ゆたかに展開するミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください