誘拐症候群

双葉文庫

貫井徳郎

2001年5月31日

双葉社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

警視庁人事二課の環敬吾が率いる影の特殊工作チーム。そのメンバーのある者は私立探偵であり、托鉢僧であり、また肉体労働者である。今回の彼らの任務は、警察組織が解明し得なかった、自称・ジーニアスが企てた巧妙な誘拐事件。『症候群シリーズ』第二弾。再び現代の必殺仕置人が鮮やかに悪を葬る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.33

読みたい

1

未読

11

読書中

0

既読

50

未指定

38

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください