猫鳴り

双葉文庫

沼田まほかる

2010年9月30日

双葉社

576円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ようやく授かった子供を流産し、哀しみとともに暮らす中年夫婦のもとに一匹の仔猫が現れた。モンと名付けられた猫は、飼い主の夫婦や心に闇を抱えた少年に対して、不思議な存在感で寄り添う。まるで、すべてを見透かしているかのように。そして20年の歳月が過ぎ、モンは最期の日々を迎えていた…。「死」を厳かに受けいれ、命の限り生きる姿に熱いものがこみあげる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(31

starstarstar
star
3.02

読みたい

20

未読

31

読書中

4

既読

213

未指定

182

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

沼田まほかる「猫鳴り」

--
0
2019年12月20日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

猫が出てくるけど、猫好きじゃない人に

starstarstarstar 4.0 2024年02月14日

文章がじっとりと鋭く若干エグい描写がたまにあるものの、その対象、その時の感情を文字にするとそうなるのかも、とも思う。故に目を背けたくなる衝動も起きなくはないが、実際に起こっていないのにこう感じさせる言葉、とはいかにパワーがあるのかを知らされるし、だから読書は面白い。 ストーリーは一部辛辣に感じる箇所は人によりあるかもだが、決して全編暗いストーリーではなく、だいぶ落ち着いたトーンの中に暖かさも見え隠れするストーリー。可愛い一辺倒の猫の話しではなく、一匹の猫を軸にした人間ドラマ。一部の描写から、猫好きの人より、猫好きじゃない人の方が対象としてはいいかも。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください