夏は、愛と殺人の季節

双葉文庫

西村京太郎

2012年7月31日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

私立探偵の橋本は長谷部徳子の依頼を受け、娘のかおりの恋人で失踪した河西弘に手紙を渡すため、城崎に向かった。しかし河西は二年前に交通事故死していた。数日後、長谷部徳子が絞殺されているのが発見され、十津川警部が捜査を担当することになった。橋本の協力を得て捜査を進めるが、事件の鍵を握る人物がつぎつぎに殺害されてしまう。連続殺人事件の背後に潜む意外な繋がりをつかんだ十津川警部は…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください