殺人症候群新装版

双葉文庫

貫井徳郎

2014年12月9日

双葉社

1,049円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

殺人を他人から依頼されて代行する者がいるかもしれない。警視庁の環敬吾は特殊工作チームのメンバーを集め、複数の死亡事件の陰に殺し屋の存在がないか探れと命ずる。事件の被害者はみな、かつて人を死に至らしめながらも、未成年であることや精神障害を理由に、法による処罰を免れたという共通点があったー愛する者を殺されて、自らの手で復讐することは是か非か。社会性の強いテーマとエンターテインメントが融合した「症候群三部作」の掉尾を飾る傑作!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.77

読みたい

16

未読

12

読書中

0

既読

76

未指定

51

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

 

starstarstarstar 4.0 2021年06月16日

三部作のうち、最初に購入したのが本書「殺人症候群」だった。 解説を読むと、「失踪症候群」から読んでほしいと書いてあるので、「失踪症候群」と「誘拐症候群」を購入した。 立て続けに、順番に読みすすめて本書に至り、本当に順番に読んで良かったと思う。そうでなければ意味がない。 作を重ねる毎に面白くなり、キャラクターにも思い入れが生まれた。 トリックは割と早い段階で分かったけれども、 この作品は謎解きよりも、キャラクターの行動に重きが置かれていたのだと思う。これからどうなるんだ!?とハラハラしながら頁を繰った。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください