プロパガンダゲーム

根本聡一郎

2017年10月12日

双葉社

722円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「君たちには、この戦争を正しいと思わせてほしい。そのための手段は問わない」大手広告代理店・電央堂の就職試験を勝ちあがった大学生8名。彼らに課された最終選考の課題は、宣伝によって仮想国家の国民を戦争に導けるかどうかを争うゲームだった。勝敗の行方やいかに、そしてこの最終選考の真の目的とは?電子書籍で話題の問題作を全面改稿して文庫化!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.56

読みたい

8

未読

1

読書中

3

既読

64

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

大衆 広報 扇動

starstarstar 3.0 2018年12月10日

就活選考で意地の悪いゲームをします。 発想が面白い! 広報の本質についてをテーマとしつつ、政治等様々な問題も含め、あまり散らかさず綺麗にまとめている。大衆は綺麗事ばかりでは動かない、事実や真相のみでもなびかない。広報される側としての心構えも問われる作品。 大学生も優秀な人ばかりだが、実際にいそうで「リアリティ」がある。 少しわかりにくくもあったけど、さっくり読めました。 と言いつつ、最後の方は若干蛇足かと。そこがどんでん返しであり、本当に言いたい事なのはわかるけれど… 題材が題材だけに、もっと毒があっても良かったのでは。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください