十津川警部 二つの「金印」の謎

双葉文庫

西村京太郎

2020年11月12日

双葉社

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

首を切断された他殺体が東京、京都、福岡と相次いで発見された。現場には“歴史を正しく見ようとしない者には、生きている価値がない。よって、ここに、死刑を宣告する”と書かれ、漢委奴国王の金印が押された紙が残されていた。十津川警部が捜査に乗り出した直後、ある団体の代表が、親魏倭王の金印を発見したと講演会で発表し、さらに殺人犯を知っているというのだが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください