狐火ノ杜

居眠り磐音江戸双紙

双葉文庫

佐伯泰英

2003年11月30日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

晩秋の風情が江戸を包む頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む坂崎磐音は相も変らぬ浪々の日々を送っていた。そんな折り、両替商・今津屋の心遣いもあり、働きづめのおこんの慰労を兼ねて、品川柳次郎らと紅葉狩りにでかけたが、悪行をなす不埒な直参旗本衆に付け狙われて…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を薙ぐ、大好評!痛快時代小説第七弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.29

読みたい

2

未読

3

読書中

1

既読

248

未指定

31

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください