無月ノ橋

居眠り磐音江戸双紙

双葉文庫

佐伯泰英

2004年11月30日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

萩の花が江戸に秋の気配を告げる頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む浪人、坂崎磐音は身過ぎ世過ぎに追われていた。そんな磐音が、包平の研ぎを頼んだ鵜飼百助邸を訪れた折り、旗本用人の狼籍を諌めたことで、思わぬ騒動に…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.46

読みたい

2

未読

5

読書中

0

既読

263

未指定

40

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください