夢のあかり

浦之助手留帳

双葉文庫

六道慧

2005年6月30日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

寛政二年五月、深川河岸で釣りに興じる山本浦之助。江戸城の智恵袋と呼ばれた越後河田藩の元留守居役は、各藩からの相談事を解決し、余禄も望める悠々自適の隠居暮らしを続けていた。そんな浦之助が思わぬ騒動に巻き込まれてしまう。さらに連続する侍殺しも絡み…。小太刀の遣い手、浦之助が縺れた謎を解く、著者渾身の書き下ろし長編時代小説第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください