荒海ノ津

居眠り磐音江戸双紙

双葉文庫

佐伯泰英

2007年4月30日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

玄界灘の荒波が初冬の気配を漂わす頃、豊後関前を発った坂崎磐音とおこんは筑前博多に辿り着く。福岡藩の御用達商人箱崎屋次郎平の招きに応えての訪いであった。到着早々、磐音は旅の武芸者に絡まれた若侍と武家娘を助けるのだが…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第二十二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.45

読みたい

2

未読

3

読書中

0

既読

305

未指定

59

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください