蝮の十蔵百面相

似づら絵師事件帖

双葉文庫

芦川淳一

2007年9月30日

双葉社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

火事で記憶を失った女が持っていた一枚の童女の似づら絵。その絵に隠された恐るべき犯罪とは…。一方、故郷の駿河押川藩に不穏な動きがあるので、江戸藩邸を探れとの密命が下される。似づら絵商売でたつきをたて、のんびりした長屋生活に満足していた桜木真之助の身辺が急に慌ただしくなる。好評シリーズ第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください