赤富士の空

双葉文庫 口入屋用心棒 9

鈴木英治

2007年11月30日

双葉社

701円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

南町奉行所の定廻り同心樺山富士太郎が目を覚ますと、見知らぬ男の死骸が傍らに転がっていた。血まみれの匕首を握っていた富士太郎は、駆けつけた役人に捕縛されてしまう。湯瀬直之進と富士太郎の中間・珠吉は、ことの真相を探ろうと動きだすが、その矢先、米田屋光右衛門の娘おあきの息子・祥吉が勾引かされてしまう。好評シリーズ第九弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください