侘助ノ白

居眠り磐音江戸双紙

双葉文庫

佐伯泰英

2009年7月31日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

餅搗きの音が江戸の年の瀬を彩る頃、佐々木磐音、おこんらは神保小路の尚武館道場で穏やかな日々を送っていた。一方、土佐藩近習目付重富百太郎、利次郎父子は高知に辿り着くが、国許に帰着早々、思わぬ危難に見舞われ…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第三十弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.24

読みたい

2

未読

4

読書中

0

既読

244

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください