葵の刃風

不知火隼人風塵抄

双葉文庫

稲葉稔

2011年3月10日

双葉社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

将軍家定のため、数々の国難を救ってきた不知火隼人を目の敵にする反・家定勢力が、ついに隼人を抹殺せんと動き出した。「そなたは上さまの兄上。命を狙われておる」-大奥年寄・歌橋の告白に驚愕する隼人。実弟である家定より葵の脇差を、歌橋からは南蛮渡来の鏡を形見に授けられ、江戸を去るよう忠告されるが、刺客は背後に追っていた。白熱のシリーズ第四弾。書き下ろし長編時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください