橋の上

居眠り磐音江戸双紙帰着準備号

双葉文庫

佐伯泰英 / 双葉社

2011年10月31日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

明和六年、関前藩主福坂実高の参勤上番に従い、二十四歳にして初めて江戸の地に立った坂崎磐音は、佐々木道場入門を控えたある日、両国橋で厄介事に巻き込まれるー。剣術家への第一歩を踏み出す若き日の磐音を描いた書き下ろし中編小説「橋の上」他、著者メッセージ&インタビュー、地図と浮世絵で振り返る“磐音が歩いた江戸”などを収録、「居眠り磐音」読者におくる江戸帰着準備号。シリーズ10周年記念特別刊行。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.25

読みたい

2

未読

5

読書中

0

既読

209

未指定

33

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください