秋声惑う

返り忠兵衛江戸見聞

双葉文庫

芝村凉也

2011年10月31日

双葉社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

深手を負った与茂平とともに定海藩下屋敷から脱出した筧忠兵衛は、自らの手で慣れない炊事をする毎日だった。だが、神原采女正から御前の正体と浅井蔵人の策略を聞かされ、激しく動揺する。そんな折、恩人の元五番組頭取の孫夫婦が寺社奉行に捕らえられたことを知り、心の葛藤から逃れるように慣れない探索を始める。書き下ろし長編時代小説、話題沸騰の第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください