主殺し

知らぬが半兵衛手控帖

双葉文庫

藤井邦夫

2012年9月30日

双葉社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日本橋の高札場に年端もいかぬ子供が一人泣きながらしゃがみ込んでいた。臨時廻り同心の白縫半兵衛は、新吉と名乗るその子供が住む小舟町の長屋を訪ねてみるが、そこには新吉の父初五郎が腹を刺されて倒れていた。初五郎を刺したのは一体誰なのか、高札場に新吉を残して姿を消した母親おとよの行方はー。“知らぬ顔の半兵衛”の粋な人情裁きを描く人気シリーズ第十八弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください