新・浪人若さま 新見左近【八】鬼のお犬様

双葉文庫

佐々木裕一

2021年11月11日

双葉社

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

西ノ丸の大手門前で御家人が抗議の自刃を遂げた。将軍綱吉の肝煎りで発足したお犬見廻り組の頭犬養光忠に、犬をたたいた幼い息子が打ち殺されたというのだ。犬養を成敗するよう求める遺書を目にした左近は動こうとするが、綱吉との関係悪化を恐れた附家老の又兵衛に止められしばし静観することに。だが、ふたたび犠牲者が出たとの報が左近に届きー。葵一刀流が悪を斬る!大人気時代シリーズ第八弾!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください