祝い酒

柳橋の弥平次捕物噺2

二見時代小説文庫

藤井邦夫

2007年7月31日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

岡っ引の弥平次が主をつとめる船宿『笹舟』に、父親の直助を探しているといって、年端もいかぬ男の子が訪ねてきた。母親が見知らぬ男たちに連れて行かれたという。だが直助はすでに、金で殺しを請け負う“始末屋”を探索中に憤死していた…。南町奉行所与力の秋山久蔵と、北町奉行所の同心白縫半兵衛の御用を務める、柳橋の弥平次の人情裁きが冴える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください