逃がし屋

もぐら弦斎手控帳

二見時代小説文庫

楠木誠一郎

2008-01-31

二見書房

699円(税込)

小説・エッセイ

記憶を失い、長屋の子らに手習いを教える寺子屋の師匠弦斎には、密偵としての過去があった。ある日、本所深川の「なめくじ長屋」で一人の老人が殺された。老人の息子は旧友の十兵衛。かつて自分をかばって死んだ男だ。賊の目的は、十兵衛が遺した克明な捜査日誌だった。弦斎はふたたび巨大な悪に立ち向かう覚悟を固めるのだった。

みんなの評価(0

starstarstarstarstar 0

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください