秘花伝

御庭番宰領4

二見時代小説文庫

大久保智弘

2009年5月31日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

事件は鵜飼兵馬が大川で武士の斬殺体を見つけた事から始まった。時に十一代将軍に家斉が就任。幕政一新を掲げる松平定信が老中主座となり、田沼意次は失脚。その波紋は天下に及び、御庭番宰領の兵馬はどん底生活に転落した最中の出来事であった。男の身許は?なぜ斬られたのか?権力の顎は兵馬を呑み込み…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください