往生しなはれ

陰聞き屋十兵衛3

二見時代小説文庫

沖田正午

2013年8月31日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

菅生十兵衛は藩主お抱えの忍びだったが、藩主自裁を受けて藩は改易、浪人になった。藩主を切腹に追い込んだ仇を討つべく江戸に出て、悩み相談を請け負う「陰聞き屋」なる隠れ蓑のもと、手下とともにその機会を狙っていたが、討ち損じてしまう。この次はと手ぐすね引くうちに、またとない機会が訪れ、十兵衛渾身の仕掛けと根回しに、ついに悲願の仇討ちの日がきたのだが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください