秘密にしてたもれ

陰聞き屋十兵衛4

二見時代小説文庫

沖田正午

2014年1月31日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

藩主の切腹から藩も改易、浪人となった菅生十兵衛、その昔の柳生十兵衛とも間違えられる風貌だったが、秘めた目的があった。江戸で「陰聞き屋」なるよろず悩み相談の仕事をしつつ、藩主の敵を討とうとしていたのだ。そんな中、ひょんなことから敵の奥方から、陰聞きの仕事が舞い込む。飛んで火に入るなんとやらで、絶好の仇討ちの機会に、気持ちも新たに悲願達成を目論むが。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください