必殺迷宮剣

剣客相談人12

二見時代小説文庫

森詠

2014年11月30日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

那須川藩一万八千石の若月丹波守清胤は、故あって傅役の爺篠塚左衛門と二人で出奔、八丁堀の裏長屋で“剣客相談人”として糧を得ている。ある日、徳川御三卿田安家の若君から内密の相談が舞い込んだ。吉原一の人気を誇る花魁霧壷を足抜させてほしいというのである。殿と爺と大門が吉原へ行ったその日、なんと花魁道中の只中で霧壷が刺客に命を狙われてしまったのだ…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください