目眩み万両

北町影同心4

二見時代小説文庫

沖田正午

2017年1月31日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北町奉行所の吟味与力が溺死体で見つかる。不審死にもかかわらず奉行の一言で自害とされるが、一方その奉行から音乃と義父・丈一郎に、与力の死の真相を探るよう密命が下る。奉行のもとには奇妙な脅迫状も届いていたのだが、いったい何を考えているのか?手掛かりのない探索を続けていくと、裏富講なる秘密組織が浮かび…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください