暗闇剣白鷺(19)

二見時代小説文庫

森詠

2017年3月31日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

故あって一万八千石の大名家を出奔した若月丹波守清胤は、傳役の爺、髯の大門甚兵衛と八丁堀の裏長屋で「剣客相談人」として糧を得ている。墨堤で長屋の住人らと花見に行こうとしていた三人は、南町奉行所から呼び出された。隠密同心を束ねる凄腕の与力と部下の同心が相次いで喉をすっぱり斬られた姿で殺されたという。そした、奉行所から相談人に下手人探索が託された。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください