身近な骨董・古伊万里は愉しい

季刊「銀花」編集部

1997年11月30日

文化出版局

1,760円(税込)

ホビー・スポーツ・美術

骨董に心ひかれる人の多くが、まず手にするのが古伊万里のやきもの。おだやかな白い磁肌に、さまざまな絵付。ほんの小さな豆皿から、一かかえもある大壺までと、器の種類もとりどりでどの品も親しみやすく、暮らしの中で生かせそう。そんな古伊万里の世界を、より深くたのしむための一冊。指南役に個性豊かな、三人の目利きを立てて-。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください