近代科学の形而上学的基礎

コペルニクスからニュ-トンへ

クリテリオン叢書

エドウィン・ア-サ-・バ-ト / 市場泰男

1988年7月1日

平凡社

4,950円(税込)

科学・技術

科学の対象としての自然のなかには神の住む場所はない。人間すらもそこから追い出されてしまった。物質の世界で圧倒的な威力を発揮した近代科学がもたらしたものは、暗黒と混沌の世界だった。コペルニクス、ガリレオ、ニュートンと、その同時代の人々の宇宙論を辿る。彼らがあらかさまにあるいは無意識のうちに抱いていた形而上学の本質がいまヴェールを剥がれ、闇のなかから浮かびあがる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください