牧野富太郎 なぜ花は匂うか

牧野 富太郎

2016年4月11日

平凡社

1,540円(税込)

科学・技術

「日本植物学の父」が綴る、発見と喜びの94年。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.43

読みたい

5

未読

4

読書中

0

既読

15

未指定

38

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

パン阿弥

(無題)

starstar
star
2.8 2022年09月05日

日本植物学の父牧野富太郎の随筆選。植物の形態を詳細にスケッチしながら語源や生態などの知識を開陳する博物誌スタイル。 随所に万葉歌俳諧漢籍を引いており、小学校中退とはいえしっかり明治の知識人である。 植物スケッチは絵の採録は少なく、その文章を存分に味わえるが、やはり現物、少なくとも図鑑や写真と見比べながらでないとまあわからん。自分にこの文章を噛み締める余裕が出るのはまだしばらく先、少なくとも仕事は引退後ではないか。この随筆も牧野博士老境の70-90代に書かれたもの。に、してはそんなに枯れておらずしっとりしている

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください