知覚の扉

平凡社ライブラリー

オルダス・レナード・ハクスリ / 河村錠一郎

1995年9月30日

平凡社

1,430円(税込)

人文・思想・社会

幻覚剤メスカリンが、かつての幻視者、芸術家たちの経験を蘇らせる。知覚の可能性の探究を通してハクスリーが芸術を、文明の未来を語り、以後のさまざまなニューエイジ運動の火つけ役ともなった名エッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

6

未読

2

読書中

1

既読

6

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください