自分ひとりの部屋

平凡社ライブラリー

ヴァージニア・ウルフ / 片山亜紀

2015年8月27日

平凡社

1,320円(税込)

人文・思想・社会

「もし、シェイクスピアに妹がいたなら…」“女性と小説”というテーマで講演を頼まれた語り手は、有名な兄のように、支援者も、模範とすべき先達も、お金も時間も、ひとりになれる部屋もないなか、ものを書こうとしてきた女性たちに思いをはせるーイギリスで男女平等の参政権が認められた一九二八年、ケンブリッジ大学の若き女子学生たちに向けた講演をもとに、物語の形をとりながら、女性の文学の歴史と未来への期待を見事に紡ぎ出したフェミニズム批評の古典。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.2

読みたい

15

未読

6

読書中

2

既読

12

未指定

27

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

female as looking glass

starstarstar
star
3.9 2019年12月28日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください