グローバリゼーションとは何か

液状化する世界を読み解く

平凡社新書

伊予谷登士翁

2002年8月31日

平凡社

792円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

一九七〇年代以降、近代世界は新しい世界秩序への解体と統合の時代に入った。国民国家に編成されてきた資本と労働と商品は、国境を越え、ジェンダーや家族の枠組みを壊し、文化と政治・経済の領域性や時空間の制約すら越境し、新たな貧富の格差の分断線を引き始めている。あらゆる領域を越え、社会の再編を迫るグローバル資本。その新たな世界経済の編成原理とは何か。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.2

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください