魚で始まる世界史

ニシンとタラとヨーロッパ

平凡社新書

越智敏之

2014年6月13日

平凡社

880円(税込)

ビジネス・経済・就職

十八世紀農業革命以前、西洋の食の中心は肉ではなく魚であり、中世盛期のキリスト教社会では、一年の半分を魚を食べて過ごした。その魚への巨大な需要が、遠く海を越える航海を、漁猟と保存の技術革新を、都市の殷賑を、自由と独立の精神を、ヨーロッパ近代をもたらした。ニシンがハンザとオランダの繁栄を築き、塩ダラが大航海時代の幕を開けた。魚で見る世界史!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

19

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

21

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください