松陰と晋作の志

捨て身の変革者

ベスト新書

一坂太郎

2005年1月1日

ベストセラ-ズ

858円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

明治維新の狼煙のひと筋は、本州最西端の長州藩から揚がりました。三方が海に囲まれた長州藩の萩で松下村塾を主宰した吉田松陰と、その志を継いだ門下生高杉晋作。この二人の若い武士を突き動かしたものは、一体何だったのでしょうか。幕末という激動の中に立たされた二人の若者は、どんな志を持っていたのでしょうか。どんな訓練をして、みずからの心を鍛えていたのでしょうか。十数年来、二人の魅力を語り続け、著者の声はいまだ嗄れません。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください