葬られるサラリーマン

ベスト新書

藤井厳喜

2007年12月31日

ベストセラーズ

775円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

「総下流時代」から「1億浪人時代」へ。今後、安定的な正規雇用たるサラリーマンは一部の管理職を除いて消滅する。唐突に聞こえるかもしれないが、決して笑い事でも絵空事でもない。冷たい現実である。はっきりしたことは、景気が上向こうが下降しようが、今後の日本では格差社会化が進展し、雇用の質は改善されるどころか、サラリーマン社会自体が崩壊するということであるー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください